2019 県議選まで半年

 

2018/10/19 金曜日

 

 任期満了に伴い、2019年春に行われる県議選まで半年を切った。県内各選挙区の情勢を全6回にわたって追う。

∆ページの先頭へ

弘前市=1

 

■弘前市(定数6)
 弘前市選挙区は、現職以外に新人数人の名前が浮上しており、定数6を争う少数激戦になるとの見方が強まっている。
 6議席を9人で争う激戦となった前回選はベテラン勢が落選し、若手の新人2人が議席を獲得する「世代交代」の波が見られた。
 ある選挙関係者は「今回は前回のように有力な新人は出ない可能性があり、現職優位で進む選挙になるのでは」とみる。「さらに4年先の選挙で新たな動きが出てくるのでは」といった見方もある。
 現職では自民党から岡元行人(54)=当選4回=、齊藤爾(48)=同2回=、前回選で上位初当選を果たした谷川政人(48)=同1回=の3人がいずれも出馬の意向を表明している。
 地元の同党関係者は「今回は前回ほどの波乱はないのでは」としつつも、「自民党は選挙に強いと言われるが、県議選は自民党であるかどうかはあまり関係ない。候補者本人の努力や活動が得票数に反映されるだけ」と選挙戦の厳しさを指摘、構図が固まらない中で警戒感を強める。
 前回トップ当選を果たした共産党の安藤晴美(66)=同3回=は、既に党公認で4期目を目指すことが確定しており、選対関係者は「女性票に加え、現在の政治への批判票の受け皿となることを目指し、支持拡大を目指したい」と意気込む。
 無所属では、川村悟(70)=同3回=、松下政経塾出身で前回初当選を果たした菊池勲(37)=同1回=が出馬の意向。県議会では同じ会派「青和会」に所属する2人だが、支持基盤は異なり、それぞれに支持を固め浸透を図る構えだ。
 一方、7月に発足した立憲民主党県連の動向も注目される。代表の山内崇は「青森、弘前、八戸3市の大選挙区は、市町村を含めた地方議員の候補者擁立の対象選挙区。今は公認、推薦の書類を取りまとめている段階」と現状を説明。
 県議選についても「その過程で候補者を挙げていくことができれば」とし、擁立を模索する考えだ。前回戦で当時の民主党から立候補し、現在、立憲民主党県連事務局長を務める鶴賀谷貴(56)の名が一部で取り沙汰されている。
 また4月の弘前市長選に出馬、落選した元市議の畑山聡(64)は「結論は出ていない」とし、出馬の可能性を否定していない。国民民主党県連も候補者擁立を模索している。
 地元の選挙関係者の多くは「弘前市選挙区で無投票はあり得ないのでは」と指摘しており、少数激戦の選挙戦を見据え、各候補予定者が今後、動きを活発化させていくとみられる。(文中敬称略)

∆ページの先頭へ

黒石市、平川市、南郡=2

2018/10/20 土曜日

 

■黒石市(定数1)
 自民党の現職鳴海惠一郎(46)=当選2回=が出馬の意向を示しており、年内にも正式に表明する見通し。ほかに出馬に向けた具体的な動きは見られず、現時点では無投票当選の可能性が大きい。
 鳴海は前黒石市長・広道の長男で、2014年に県議を辞して黒石市長となった高樋憲から後継指名を受けて県議となった。地元有力者2人の支援を受けて盤石な地盤を築いており、「鳴海以外は出馬は難しいのでは」との見方が少なくない。鳴海は地元の会合などにこまめに顔を出す姿勢を県議就任以来貫き、丁寧な対応に努めている。
 ただ、黒石市区では補選を含めて5回の無競争が続いている。この状況を「政治の停滞につながるのでは」と不安視する有権者の声も聞かれる。
■平川市(定数2)
 平川市尾上地区を主な地盤とする自民党の現職工藤義春(68)=当選2回=が出馬を表明しているほか、大鰐町が地元の同党の現職山口多喜二(69)=同1回=も出馬の意向を示しており、現段階では2人の出馬が確実とみられる。両氏とも自民党公認を目指す。
 前回選は、当時新人の山口が大鰐町で票を伸ばし、平川市でも一定の集票に成功してトップ当選。1998年以来の大鰐町からの県議誕生となった。現職の工藤は地元の尾上地区を中心に大票田の平川市で安定した支持を得て再選を果たした。
 来春の選挙戦をにらみ、両氏とも、まずは地元での態勢固めを進める構えだ。
 現時点で2人以外に出馬に向けた目立った動きはないが、選挙区内で最も有権者数の多い平川市平賀地区からの出馬があれば、情勢が変わる可能性もある。残り半年の選挙区内の動向が注視される。
■南郡(定数1)
 現職で自民党県連副会長の阿部広悦(70)=当選6回=が立候補する意向を示している。前々回立候補した田舎館村議会議長の鈴木和久(61)は「検討しているところ」と態度を保留しており、ほかに目立った動きは今のところ見られない。
 前々回は両氏と無所属新人による三つどもえの選挙戦となったが、阿部が大差で勝利を収めた。前回は無投票で阿部が当選している。
 藤崎町は衆院議員木村次郎のお膝元で、“木村派”重鎮の阿部は同町内を中心に、選挙区内で強固な支持基盤を持つ。野党の関係者は「南郡をはじめ自民が議席を持つ1人区に対抗馬を擁立できる政治状況にはなっていない」と現状を説明した。(文中敬称略)

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード