’18弘前市長選 検証葛西市政

 

2018/3/16 金曜日

 

  任期満了に伴う弘前市長選告示が4月1日に迫る中、葛西市政を検証する。

∆ページの先頭へ

発想と実行力=1

 

 2017年6月28日、本県で29年ぶりとなるプロ野球1軍戦が弘前市で開かれた。県内外から約1万3200人が詰め掛け、手に汗握るプレーを観戦、興奮を分かち合った。今年は7月3日に1軍戦(楽天―ソフトバンク)が行われるなど、プロ野球3試合の市内開催が予定される。
 会場は昨年5月末に改修工事を終えた「はるか夢球場」。水木厚美弘前野球協会長は「昔は弘前でプロ野球1軍戦が開かれるなど思いも寄らなかった。球場を使った子どもからも評判がいい」とし、「弘前がうらやましいとの声を周辺野球関係者から聞く。市長の思い切った取り組みがあってこそ」と語る。
 2期8年となる葛西憲之市長が市政運営に掲げるキーワードの中に「発想力と決断、実行、スピード感」がある。1軍戦誘致実現は、その象徴といえる。
 「はるか夢球場」は、築40年近い市運動公園野球場をプロ野球1軍戦を誘致できるレベルに改修した。改修に当たって市の負担軽減を図り、有利な財源を活用。施設を防災拠点にするとの発想で国の補助を受け、同時に球場機能を向上させた。
 総事業費27億9443万円については、社会資本整備総合交付金5億8100万円、70%が地方交付税措置される緊急防災・減災事業債5億8100万円、地域の元気臨時交付金4億円を組み合わせるなど市の持ち出しを極力減らし、市の実質負担は19・2%の5億3795万円にとどまった。
 葛西市政の特徴に挙げられるのが、このような国の有利な財源を活用した大型事業だ。元弘前商工会議所会頭の新戸部満男氏は「私の会頭時代から、歴代市長が解決できなかったことを葛西市長は解決した」と評価する。
 葛西市長は「箱物に金を使ったと言われるが、ほとんどは改修事業」と強調。特に東日本大震災後は、学校を含む施設の耐震改修事業に力を入れた―と訴える。
 ただ、有利な財源を活用するとはいえ、吉野町の煉瓦(れんが)倉庫を現代アート空間「市芸術文化施設(仮)」とする事業では、耐震改修を含め工事費に約20億6000万円を見込むなど大規模ハード事業が進行中だ。さらに現在協議中の中核病院に要する、数百億円とみられる経費も不透明な状況にある。
 発想を実現する葛西市政の財政は、財政健全化の判断比率となる実質公債費比率が16年度一般会計決算で8・5%。地方債を元利償還金として支払う経費が一般財源に占める割合を示す。10%以内が健全の目安とされ、葛西市長は「県内10市で最低の数値」と胸を張る。
 一方、財政構造の弾力性を測る経常収支比率は、16年度で前年度比2・1ポイント増の95・5%。普通交付税など自由に使える財源を、必ず支出しなければならないものに使った割合を示す。一般的に70~80%が適正とされ、県内の16年度市平均は92・9%。県内10市で黒石、五所川原に次ぐ3番目の高さだ。
 市内ではさまざまなインフラが更新時期を迎え、高度経済成長期に建造された橋梁(きょうりょう)の多くが老朽化。市は対象188橋梁の長寿命化に取り組み、現段階で50年間LCC(維持更新コスト)は約80億円と推計される。
 改修した建物の維持管理費も増加。庁舎と立体化した駐車場は改修前と比較して約3500万円増の年間約1億2000万円、市運動公園野球場は約1300万円増の約3900万円。4月にオープンする高岡の森弘前藩歴史館は馬場跡管理も含め5030万円、市芸術文化施設(仮)は建物補修管理を含む維持管理費が年間約1億7500万円に上る。
 経常収支比率が上がった要因は、歳入面での普通交付税の大幅減だ。さらに国民健康保険や介護保険特別会計への繰り出しなど削ることの難しい分野への支出が増加。発想を生かした各種事業に取り組む市職員の残業代増もあり、決して楽観視できないのが実情だ。
 ある市OBは「箱物を次々つくるのはいいが、事業費の返済や維持管理費が今後膨らみ、そのつけを5年後、10年後に市民が負担することになる」と懸念する。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード