絵はがきと古写真で見る 櫻と弘前公園

 

変化する本丸の光景=4

2017/4/23 日曜日

 

 弘前公園で、明治時代以降に植えられた桜の古い木は、東内門の番屋そばとか、公園緑地課脇だといわれています。
 まずは本丸一帯に桜を植えて、ぱぁ~と華やかにしよう!と思いがちですが、旧城の威容を損なわないように、先人はいろいろと配慮をしたのでしょうね。
 一枚目は、観桜会が始まる前年、大正六年の新聞に掲載されている写真に、手彩色した絵葉書です。中央に明治四十二年(一九〇九)九月に除幕式を終えた、藩祖津軽為信公の銅像。左端は大正四年(一九一五)一〇月に建立の鷹揚園碑で、間に夜間照明のアーク灯が立ちます。
 本丸の北東や南西隅の桜は、枝を大きく延ばしていますが、園路の整備はなく、銅像東側の桜はまだお若いご様子。
 二枚目の絵葉書で、中央の鉄塔に先に見える四角なものは、スピーカーかな?
 すでに、昭和二年(一九二七)の観桜会で、「無料の活動やラヂオ」が、お客を呼び寄せたといいますからねぇ。
 本丸中央の桜は、傍の松に互して見事に花を咲かせていますから、桜の枝を折る不心得者もいなかったのでしょう。
 左のコンクリート製の柵は、二の丸にも設置され、柵木が木材から鉄に変えられるのは、昭和七年(一九三二)の工事から。そして、左官業組合のご奉仕による、モルタル製擬木に変わりました。

∆ページの先頭へ

旧制弘高生と公園=5

2017/4/24 月曜日

 

 官立高等学校の番号でいえば、第十六高等学校に全国から俊英が集い、ここで青春の一時期を過ごした想い出に、必ず登場するのが観桜会。校章の入った特製アルバムに、大切に貼られています。
 官立弘高の開校式は、大正一〇年(一九二一)四月でしたから、すでに観桜会も回を重ね、桜花も市民も彼らを歓迎しました。たとえば園内でのストームも、寮旗を掲げての行進も、風物詩のように受け入れ、まちも人も大らかでした。
 一枚目は昭和八年(一九三三)卒業の方々の花見というか、一升瓶を持って出掛けた、夜桜記念写真なんですねぇ。
 撮影場所で多いのが、やはり下乗橋と本丸中央の津軽為信銅像前。昭和十二年(一九三七)前後に入学した方のものにも、「万朶の櫻は今を盛りと咲き誇る。見よ!若人のこの顔(ツラ)を」「日本一の櫻がよく見えるわい。ドウゾウよく撮ってくれ」とコメントが載ります。
 そして本丸南側の石垣での写真には、「サアー撮してくれ、おゝ!鷹揚園の櫻は我等の為に爛漫と咲き香る」と。
 我が世の春を謳歌した、往時の旧制高校や女学校の仮装行列でも復活したら、こりゃぁ是非とも見に行きたいねぇ。
 旧天守台から東に続く石垣で、何度か積み直しがされ、最期の工事は昭和五十三年(一九七八)に行われました。

∆ページの先頭へ

桜見物の醍醐味は=6

2017/4/25 火曜日

 

 大正四年(一九一五)に、本県で唯一特別陸軍大演習が開催され、全国にその名を知らしめた弘前公園。桜も見ごろを迎えたし、商工会が視察した観桜会の先進地 秋田の千秋公園では、日本石油のトーチに芸者衆の手踊りでお客を魅了。
 夜桜・芸者・酒の三拍子が揃えば儲かると、急速に機運が高まります。
 大正七年(一九一八)、第一回目の観桜会と同時に、師団設置二十年将校招待会、六県酒造業大会、六県電気業大会なども続々に開催されたので、各種業界の力の入れ方も半端じゃなかったのねぇ。
 例年の電燈以外に、百六十円余を投じた装飾燈を設置し、『櫻花と相俟つて言語に絶する美観を呈する』はずだって。
 当初は天守にイルミネーションを設置する予定だったけど、その威容を損なう恐れがあるというので、投光器に変更。
 でも数年も経ずに、イルミネーションは、追手門や南内門にも設置されちゃった。
 また、観桜会の催事で人気を博したのが広告祭や、仮装大会というもので、各町会や企業がこぞって参加しました。
 今回は照明にちなみ、油やロウソクの時代から、いろいろと形の変わった電球まで、照明器具の移り変わりを表現した一枚も紹介しておきましましょ。

∆ページの先頭へ

北の廓の小屋掛け興行=7

2017/4/26 水曜日

 

 サーカスやオートバイの曲乗り、お化け屋敷など、いまも小屋掛け興行は、妖しげな魅力に溢れておりましょう。
 ここで問題、昭和四十七年(一九七二)を最期に姿を消した興行はナニかなぁ?
 戦後に登場して新風俗の典型、「鬼っ子」と評されながらも、生き抜いてきたのは、こんな、大人の娯楽でありまするぅ。
 英語の下に仮名を書いた「新自由主義の水中美人ショー」って、どんなモノなんでしょうか。更に「モラル エジュケーション」、精神教育・道徳教育の意味なのでしょうけど、謎は深まるばかり。
判読しがたいながら、入口の看板が「性欲…」と見えて、コワイ気がします。
 もう一枚は昭和四〇年(一九六五)の「くろふね館」。店名だけでは、興行の内容が不詳でも、横文字を読めば…ね。
 おぼろげな記憶で申せば、「河童天国」なんてのが、おそらく最期の興行だったのでしょうか。某酒造メーカーのキャラクター似で、ほのぼのとした河童の看板が印象的でしたねぇ。
 しかし、家族揃って出掛けたときに、前を通るのが気がひけるし、教育上好ましくないという声から、園外追放処分。
 写真や招待券などでしか知らないのですが、戦前なら「平井女角力一行」とか「原田サーカス團」が興行していましたし、戦後の闘犬も人気を博しました。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3 4 5 6

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード