絵はがきと古写真で見る 櫻と弘前公園

 

2017/4/20 木曜日

 

 今年、100年の節目を迎える弘前さくらまつり。市民はもちろん、訪れた人すべてを魅了する「櫻と弘前公園」の移り変わりを元弘前図書館長の宮川慎一郎さんが、所蔵する貴重な写真を基に紹介する新連載。存分にお楽しみください。

∆ページの先頭へ

形の変わった「ぼんぼり」=1

 

 雪洞と書くというけど、これで「ぼんぼり」とは、なかなか読めないのです。しかし、桜樹の間に立てられた風情は、艶やかな桜の色香を、確実に盛り上げていると思うのですねぇ。
 まずは、追手門より園内に入り、左手に折れて、三の丸植物園の方向を振り返る構図の、手彩色の絵葉書をご紹介。
 ずらりと並んだ雪洞は、いまとは違った逆台形で、商店名が書かれています。手前は「ライジングサン石油會社」で、青森・野内の石油タンクでお馴染かと。
 その奥には、弘前市内に店舗を構えた「髙橋寫眞」。大正一〇年の官立弘前高等学校開校式の写真などで知られますね。
 かつての三の丸には、兵舎などが建ち並んでいましたが、右隅には兵器庫正面前の、六角形の白い哨舎が見えます。
 やがて見慣れた形になるぼんぼりは、会社名などの宣伝広告が書かれないで、無地の時代が長かったようですぞぉ。
 そして西濠に登場したのが、昭和二年に東京市場でキッコーマンと商標統一した、メーカーの広告。お化けだと名物に。奥に見えるのは「弘前觀櫻會」の立看板。昭和二年に弘前駅前に登場し、夜間にはイルミネーション点灯で、一段と華やか。
 ここは、消防団の春恒例の放水演習の会場にもなり、勢いよく吹き上げる水柱は、大いに人気を博したものでした。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3 4 5 ... 11

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード