絵はがきと古写真で見る 櫻と弘前公園

 

移り変わる演芸場=8

2017/4/27 木曜日

 

 桜を眺めて、静かに花の香や風情を味わう…なんてことは、まぁしないよぉ。座り込んで呑まないにしても、三味線や囃子が聞こえれば、自然と人が集まる。
 美人連の踊りを披露しましょうっと、最初の観桜会から、余興場と呼んだ舞台が、もう東内門の北側に設けられた。
 最初の一枚は、上の横断幕にその名も「サクラビール」の舞台風景。この光景は、大正九年(一九二〇)の新聞に掲載されていますが、会社は昭和十八年(一九四三)、大日本麦酒に合併しちゃう。
 数種類の絵葉書を見ても、「てをどり」など、芸妓が艶やかさを競っています。
 余興場が、護国神社脇の現在地に移転したのは、昭和三十三年(一九五八)で、予算は三十五万円、舞台は二十坪。当初の野外ステージが、表札を見れば演芸館で、演舞場って呼んでいたらしいぞぉ。
 民謡なども披露されましたが、やはり人気の演目は変わりませんよねぇ。
 舞台右袖には、「弘前相互銀行」の幕ですが、左側が何か覚えています?答えは「かくは宮川」で、ここの会社広告は、この二社が名実ともに大看板でした。
 でも、横断幕はいろいろと変化があって、お菓子メーカーだったり、栄養ドリンクの製薬会社とかの写真があります。
 そういえば、野球場跡の市民広場にも特設舞台が設けられましたっけ。

∆ページの先頭へ

北の廓の小屋掛け興行=7

2017/4/26 水曜日

 

 サーカスやオートバイの曲乗り、お化け屋敷など、いまも小屋掛け興行は、妖しげな魅力に溢れておりましょう。
 ここで問題、昭和四十七年(一九七二)を最期に姿を消した興行はナニかなぁ?
 戦後に登場して新風俗の典型、「鬼っ子」と評されながらも、生き抜いてきたのは、こんな、大人の娯楽でありまするぅ。
 英語の下に仮名を書いた「新自由主義の水中美人ショー」って、どんなモノなんでしょうか。更に「モラル エジュケーション」、精神教育・道徳教育の意味なのでしょうけど、謎は深まるばかり。
判読しがたいながら、入口の看板が「性欲…」と見えて、コワイ気がします。
 もう一枚は昭和四〇年(一九六五)の「くろふね館」。店名だけでは、興行の内容が不詳でも、横文字を読めば…ね。
 おぼろげな記憶で申せば、「河童天国」なんてのが、おそらく最期の興行だったのでしょうか。某酒造メーカーのキャラクター似で、ほのぼのとした河童の看板が印象的でしたねぇ。
 しかし、家族揃って出掛けたときに、前を通るのが気がひけるし、教育上好ましくないという声から、園外追放処分。
 写真や招待券などでしか知らないのですが、戦前なら「平井女角力一行」とか「原田サーカス團」が興行していましたし、戦後の闘犬も人気を博しました。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3 4 5

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード