拓く・創る 地元で育成、展開 クリエーティブ職

 

2016/12/18 日曜日

 

 人口減少社会において、仕事おこしや新産業育成が急務となっている本県。デザイナーやライター、クリエーターといった、いわゆるクリエーティブ職が担うコンテンツ産業に着目し、地域での事例を通じて活性化へのヒントを探る。

∆ページの先頭へ

設立30周年 弘前のアニメスタジオ=上

 

 今や「クールジャパン」として海外から高い評価と人気を集め、国内でも幅広い層が愛好する日本のアニメ。その作品たちを手掛けている製作スタジオが、弘前市内にも所在する。同市城東の「イーゲルネスト」は1986年設立、今年で30年の節目を迎えた。TVシリーズ「ふしぎ遊戯」「るろうに剣心」や劇場版「新世紀エヴァンゲリオン」「美少女戦士セーラームーン」など人気作の製作に参加し、セル仕上げの技術では業界内に定評がある。スタジオは製作の便宜上、首都圏に集中立地しており、東北では四つを数えるのみ。代表の白戸勝彦さん(53)はかねてから地方でアニメ製作を仕事として確立することに意識を向けていた。
 白戸さんは黒石市出身。高校卒業後はコンピューターのオペレーターを務めていたが、アニメ製作に興味を持ち同僚らとサークルを結成。メンバーの知人が東映の当時社員であったつてで、商業作品の製作パートを任されたことをきっかけに、プロ集団としての活動を希望した有志でスタジオOM青森ワークスを設立。これが現スタジオの前身となった。
 地元でアニメ業界に携わりたいと志す若者や、札幌にあったアニメーター養成専門校からの就職の受け皿となり、最盛期には15、16人のアニメーターを擁した。設立時は在京スタジオの分所だったが97年に独立。「枚数をこなしつつも、とにかく丁寧な仕事を」と心掛けていたという白戸さん。TVアニメ「不思議の海のナディア」のオープニング製作の案件では、こだわり抜く仕事ぶりで有名な、同作監督の庵野秀明氏をして「こんなに綺麗に仕上げてくれるスタジオがあるのか」と感嘆したとのエピソードもあるという。
 「激務・低賃金」に加え、デジタル化に伴う海外スタジオへの発注増など、アニメ産業を取り巻く環境は厳しい。「『キツイ、安い』で、好きだから続けられる仕事ではない。今はアニメがもてはやされているが、実情は人材不足で業界は空洞化していっている」と指摘する白戸さん。ここに至り「東京を当てにせずアニメというメディアを創(つく)っていく活動を」という構想を抱いている。
 白戸さんの転機は4年前の脳出血発症だった。入院をきっかけにSNS(インターネット交流サイト)を始め県内のさまざまなクリエーターと知り合いになった。アニメ分野でも生き残りのため地方独自での活動が必要だと考え始めたことに併せ、同じくものづくりに携わる人との出会いが「青森での仕事を見直す場」を作ろうという意欲につながった。「仕事は固定給という観念が根強い青森で、自分たちのような制作物で対価を得る職業も認知してもらいたい」
 スタジオが立ち上がった30年前と比べ、さまざまな仕事ができる環境に変わり「理解者は増えてきている実感がある」という。「イーゲルネストが小さな趣味のサークルから始まったように、自分の活動が大きな動きになっていけば」。SNSを介し、地場やUターン志望のクリエーターをつなぎ、青森でのクリエーティブ職の在り方を再定義しようとしている。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード