続々俗々 まちネタ散歩!陸奥新報

 

2016/9/1 木曜日

 

 70年の歴史を有する陸奥新報のさまざまな記事から当時の世相や文化、人々の生活を切り取る「まちネタ散歩!陸奥新報」。元弘前図書館長・宮川慎一郎氏の軽妙な語り口でその時々の弘前、津軽の息吹を今に伝える本紙の名物企画で2013年10月の第1弾登場後、第3弾まで掲載され、人気を博している。どうぞお楽しみください。

∆ページの先頭へ

読みたくなる図書の紹介=特別編1

 

一戸謙三著「ねぷた」
薄田斬雲著「希望の弘前」
「希望の弘前」を吉川英治が評価したことを伝える紙面

 『ほとけの顔も三度まで』というご時世、第四弾の始まり。
 これも『本紙は純粋な郷土史としての使命から郷土に埋もれている幾多の史実や文化的資料を広く紹介すべく努めて来ました…』という、思し召しでありませうねっ。
 あまり使われなくなったかなぁと思われる津軽弁。この方言詩の代表的な書籍「ねぷた」の著者は、一戸玲太郎こと謙三ですね。
 昭和二六年の紙上には、『秩父宮様へ方言詩集 殿下のご希望で献上』と、誇らしげな見出しが踊ります。
 この本は昭和十一年に、東京市の十字堂書店が発行し、土手町の神書店が発売したもので、二科会の棟方寅雄が装幀と挿絵を担当。
 当時の殿下は御殿場で静養中。ご機嫌伺いに参上した紺屋町の福士龍之助さんに対し、『戦災で焼いたが弘前に今でもあったら一部欲しい』と、十五年も昔の本を所望された。
 秩父宮殿下は、歩兵第三十一聯隊大隊長として、ご夫妻で菊池別邸に滞在なされ、弘前へのご愛着もひとしおだったのでしょうね。
 本は神書店から成田図書館長の手を経て、お手許に届けられるようになったそうです。
 秩父宮両殿下は、しばしば弘前公園の桜を愛でられたり、市民にとっては親しみに満ちた宮様でありました。
 それから三年後に、『吉川英治氏も激賞 斬雲翁(弘前出身)著「希望の弘前」』が紙上に登場であります。
 吉川英治といえば、宮本武蔵や私本太平記など、歴史小説で大人気を博した大家。その人が、「時折ゴルフを一緒にする石川達三君にも声を掛けて」というのですから、著者を知らずとも、こりゃぁ一読せねば時代遅れ。
 明治十年に生まれ、『骨と皮だけで出来て居る侫武多と凧の風化を多分に受け、中身がない人間になった』と自嘲的に後書きに書くが、なかなかの硬骨漢。
 郷里の弘前を離れ、東京に戻った薄田斬雲だが、一時疎開の昭和二五年に出版した痛快な切り口が満載です。
 津軽弘前は、住みよい、美しい、有利な場所ではないにしても、寒冷という欠点を補ってあまりある日本一というべきものがある。
 津軽の林檎、岩木山の麗容、弘前城址公園、公園の桜花、弘前の菊花、十和田の水光、ヒバ材の七つがそれ。
 読んでいて嬉しくなる郷土自慢から始まるが、気象も経済も文化にも、気合いを込める渾身の一書でしょ。
 キチンと記者が相手のことを知って、その上で購読者に向けてのメッセージをハッキリ書き込む姿勢は、学びたいモンですよねぇ。

∆ページの先頭へ

地元の古老が語る民話=特別編2

 

連載「津軽藩昔がたり 堀越敬老史談会から」
藩祖三百年祭の蓬莱橋方向を、下土手町側から臨む。左に高札場、上方に派出所附属の火の見櫓(明治39年)
弘前名所「弘前師團通里(り)松原」(絵はがきから)

 市町村といった規模ではなく、もっと身近な地域の伝説などを、記憶し記録しましょ。
 そんな温もりが感じられる事業を紹介したのが『津軽藩昔がたり 堀越敬老史談会から』の連載なんだなぁ。
 古老が記憶をたどりながら語った話題は、『郷土の面影をしのぶよすがとして興味深い物語』でありまする。
 『蓬莱橋には、そのむかし“舘場”(いまの土手町派出所―青和食堂のあたり)と称した今でいえば、駅があった。舘場は道中旅の荷物扱いをはじめ、旅人の求めに応じ荷馬、客駒の用意などもあって交通の要所、通信の連絡所で繁華を極めたものと思われる』。
 高札場があった程度の説明ならば目にするけれど、舘場なんて知らなかったもんなぁ。
 『松森町は松でも森でもなかった』。つまり松原の松を保護する役目付「松守」の役場が、木内病院あたりにあった…。いまでは、この病院の場所はどこあたりなのでしょう。
 ここから枡形に向かうのが新町で、富田では枡形の盆踊りが話題となって、囃し言葉が面白い。『しんちょの品物、門外の化物、踊らば踊れ、品よくおどれ』で、チャンと解説が付いております。
 『しんちょの品物とは新町の茶屋で享楽する者、門外の化物は、当時の首切り場のことで、いわばこの盆だけは悪にそまった道楽者でも、罪深い亡者達でも、ともに楽しくおどり過せ、これが一番の供養だという』。
 松原は道幅が五間もあったそうで、左右に三尺の土手を築き、それぞれに千本の松並木が碇ヶ関まで続いたというほどの景勝街道。
 参勤交代の折、お殿様が追手門を出るときから、藩境の矢立峠を過ぎるまで、茂森町にあった芝居小屋の大太鼓を、ドンドンと叩いたなんて話も風情っ。
 『津軽の里に悪婆ァの汚名を残している“大光寺の婆ァ”』も、ここで知った話です。
 人心を惑わした邪教を信じたというので、はりつけになったというのですが、実は国禁のキリスト教徒だと。
 このお婆さん、十字架を持って布教していたことがお役人に聞こえ、捕まってしまう。大光寺には多くの信者が居たのだが、これを秘して『キリスト信者は自分一人、どうぞ極悪人の私だけを処刑してくれと頼んだ』と。
 しかも『十字架にしばられ、非人が槍を交えると、「おや、さっぱりして気持ちよい」といい、また「小比内、外崎、目の下だ」と朗らかにいって落ちついた最期をとげた』。
 地域で語り継いできた逸話が、消え去るのは、もったいない!

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3 4