戦い前に-2016夏・参院選-

 

2016/5/22 日曜日

 

 参院選は6月22日公示、7月10日投開票の日程が濃厚とされる。公示まで約1カ月と迫る中、候補者や陣営の動きを追う。

∆ページの先頭へ

自民=上

 

八戸市内で開かれた国政報告会で支持者と握手を交わす山崎氏=21日

 「地方の思いを政治、行政にどうやって反映させていくかが私に課せられた使命」。参院選が迫る中、21日に八戸市内で国政報告会を開いた自民党現職の山崎力(69)。地方創生への思いを語るとともに、野党統一候補との戦いに「野党は打倒安倍政権の1点。政策がない」と批判した。
 山崎は昨年夏に出馬を表明して以降、企業や団体などへのあいさつ回りを重ね、支持固めに奔走してきた。陣営も4月23日に早々と後援会事務所開きを行い、衆院1~4区の各事務所も活動を本格化させつつある。
 圧倒的な組織力を誇る自民だが、今回は野党統一候補の民進党新人・田名部匡代(46)との事実上の一騎打ち。野党との全面対決という構図に、山崎と陣営幹部は「これまでとは違う戦い」と危機感を強める。
 陣営幹部が重視するのは1、3区だ。6年前の参院選で返り咲いた山崎だが、当時は党幹事長で県連会長だった衆院議員・大島理森(3区)が陣営をけん引。しかし現在は衆院議長に就き、表立った活動はできない状況だ。3区は田名部の地元でもあり、厳しい戦いが予想される。
 「落ちるわけないと思っているかもしれないが、戦いを進める中で感じるのは互角になっているいうこと」。報告会に出席した3区選挙対策本部長の参院議員・滝沢求は集まった支持者に呼び掛けた。
 滝沢は「青森、八戸で票を取ることができれば絶対勝つことができる。議員団と後援会組織が一体となり、衆院選並みに活動していく」とし、「相手の地元である3区で踏ん張らなければならない」と力を込めた。
 「八戸の1票は2票に相当する」と訴えた山崎も「八戸は他と比べて地元意識が強い。党派を超えて(地元候補を)応援するということも考えられる」と指摘。「(相手と)政策論議ができないことが痛しかゆし」と胸中を明かした。
 知名度がある田名部との戦いを陣営幹部も警戒する。党県連は21日に選対委員会、市町村・職域支部の支部長・幹事長会議を開き、活動状況を確認。選対本部長を務める自民党県連会長・江渡聡徳は「6年前より厳しい」との見方を示した。
 2012年の衆院選で政権を奪還した自民。13年参院選、14年衆院選に続く今回の参院選を「最終決戦」と位置付ける。山崎は「安定した政治を続けるか、政策抜きで当選を狙う人を選ぶのか、政治の大きな分かれ道」と迫る決戦に決意を新たにした。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード