奥津軽トレイル体験記~運動不足でも歩けました~

 

2016/5/8 日曜日

 

 五所川原市金木町のNPO法人かなぎ元気倶楽部が、津軽半島の青森ヒバ林と森林鉄道軌道跡を巡るトレッキングツアー「奥津軽トレイル」を、今年から本格的にスタートした。奥津軽でどのような魅力と出合えるのか、トレッキング初心者の記者がツアーを体験した。

∆ページの先頭へ

装備を整えいざ出発!=1

 

スタート地点の林道に入り、ガイドの説明を聞きながら歩く参加者

 アラフォー、高校卒業後は運動らしい運動をせず、ここ数年の取材はほぼ車移動と、昨今の健康ブームに完全に乗り遅れた記者。トレッキングについては全くの初心者だ。
 当初スニーカーで参加しようと考えた無知な記者だが、装備に関して元気倶楽部に相談すると、トレッキングシューズは準備してほしいと言われ、専門店で購入する。他の装備については、雨天取材などで使用する防水リュックサック、ジャケットを使用。発汗後にすぐ乾かない綿は、山で着る素材として向かないということも知らなかったたため、ポリエステル系の衣服も準備した。
 参加したのは青森ヒバの巨木を見ることができる「青森ひばの神木コース」。距離は16キロ。初心者としては非常に不安な距離だが、森林鉄道の軌道跡は急勾配にはない―との元気倶楽部の言葉を信じ、いざ出発。

∆ページの先頭へ

一般禁止の国有林進む=2

2016/5/9 月曜日

 

金木で発生した大山火事により焦げ、今もその姿を残す青森ヒバ

 今年最初のツアーが実施された4月16日、参加者は五所川原市金木の津軽三味線会館に集合した。秋田県や青森市、鶴田町などから男女6人が参加。参加者はジャンボタクシーに乗り、スタート地点となる林道に向かう。
 ガイド役の伊藤一弘さんは道中、「この車が走っている道路も、かつて森林鉄道が走っていた」と説明する。森林鉄道の線路跡は道路のほか水路などに整備され、今も住民生活に役立っているのだ。
 出発点の林道には、「一般通行禁止」の文字が。奥津軽トレイルのコースは国有林の中を進むことが多い。一般には入れない場所を、元気倶楽部が許可を取ってくれるのが特徴の一つだ。
 最初は緩やかな坂道が30分程度続くが、ゆっくり歩くため初心者でもさほどつらくない。休憩を挟みながら、蓬田村と金木地区の境界に位置する大倉岳を見られる地点にも案内される。天候が良ければ八甲田山系が見える場所もあるという。
 林道から見える斜面に、黒く焦げたヒバの切り株が多数ある場所も。1972年に発生した山火事の跡で「金木から夜も火が見えた」と、伊藤さんが当時のエピソードを紹介してくれる。地元にいても知らないことは多いと実感させられた。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード