弘前市土手町のまちなか情報センターで、弘前さくらまつり公式応援キャラクター桜ミクの「ミュージアム&ショップ」が開かれており、県内外から訪れるファンで連日にぎわっている。8月下旬からは今夏の弘前ねぷたまつりに出陣した桜ミクのねぷたも展示に加わった。限定グッズなどの売り上げも好調で、「桜ミク効果」の盛り上がりはまだまだ続きそうだ。
 ショップではさくらまつり、ねぷたまつりのコラボグッズを販売しているほか、ポスターの原画や桜ミクの縫いぐるみなどを展示。タペストリーや缶バッジ、クリアファイルが人気商品で、同施設限定販売のポスターも好評を得ているという。
 弘前観光コンベンション協会の福島美和子さんは「ねぷたまつりが終わっても、全国各地から幅広い世代のファンが訪れている。グッズを“大人買い”するファンも目立つ」と話す。
 問い合わせは同協会(電話0172―35―3131)へ。
【写真説明】県内外からファンが訪れ、連日にぎわっている「ミュージアム&ショップ」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。