弘前市は21日、県提案を踏まえて協議を進めている中核病院整備について、今後の具体的な整備スケジュールは未定とする一方、整備時期に関しては協議が整ってから早くても3年は要するとの見方を示した。整備に当たっては市の財政負担が想定されることから、有利な財源の確保などに向けて調査を進めているとした。中核病院が整備された後の市立病院職員の雇用については、希望者全員が中核病院に移行できるよう協議しており十分配慮する考えを示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。