4月7日投開票の県議選は、今月29日の告示まで1週間と迫った。定数48に対し、これまでに立候補を表明しているのは60人で、2007年に現行の定数・区割りとなってから最少となる見通し。16選挙区のうち選挙戦が見込まれるのは10選挙区で、津軽地方では6選挙区で激戦が予想される。多くの陣営は既に事務所開きや決起大会を済ませており、事実上の選挙戦に突入している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。