前年の介護や看取(みと)りの句のあとの作品。作者は仕事や買い物に復帰したものの、同乗していた夫は他界。見慣れた風景も自分だけだ。「ゐず」と表現しながら心には存在。
 『青森県句集』第32集より。