〈秋霖(しゅうりん)〉は梅雨のように降り続く秋の長雨のこと。〈細身の土偶合掌す〉は八戸市の風張遺跡出土の合掌土偶のことか。縄文時代後期後半(約3500年前)のもので、子孫繁栄や自然の恵みを願ったものという。形ある土偶は悠久の時を経て何かを語る。問題はそこから我々が何を読み取るかだ。句集『雪明り』所収。