腰の痛みは多くの人が経験したことがあると思います。ある報告では一生のうちで約84%の人が腰痛を経験し、日本人の約1割が腰痛を持っていると言われています。腰痛の危険因子としては肥満、年齢、精神的原因、職業、運動不足などがあります。
 今、超高齢者社会を迎え60歳代では男女ともに約25%に腰痛がありますが、その後次第に上昇し特に70歳以上の女性では約35%の方に腰痛があると言われています。主な原因疾患は変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症などです。
 変形性脊椎症は加齢により背骨の変形や椎間板の変性が起こり、脊椎の動きが制限されたり姿勢が悪くなったりして起こります。朝方に痛みが強く体を動かしているうちに痛みが軽減していく傾向があります。
 脊柱管狭窄症は背骨の中にある神経の通り道が狭くなった状態です。臀部(でんぶ)や下肢のしびれや痛み、運動障害を伴います。姿勢や歩行により症状が変化するのが特徴です。
 骨粗しょう症による圧迫骨折は加齢によって骨がもろくなり骨折した状態です。転ばなくても物を持ったり、草取りをしたりせきやくしゃみだけでも起こることがあります。日常生活動作をより低下させ、骨折を起こさなかった人に比べてその後の死亡率が高くなり、また一度骨折するとそうでない人に比べて次の骨折を起こす確率は約5倍になると言う報告もあります。そのために若い年代の骨粗しょう症ほど治療が大事で、腰痛の予防だけでなく普段の日常生活動作の水準の維持のためにも非常に大切です。痛くないから大丈夫ではなく“転ばぬ先の杖(つえ)”で治療を続けることが大切です。実際治療を続けてから体が軽くなった、畑仕事が楽になったと外来で言われることもよくあります。また、これらの病気のほかにも腰痛の陰に大きな病気が潜んでいることもあります。痛いときは我慢せず整形外科を気軽に受診してみてください。
(市川整形外科クリニック院長 市川司朗)