新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立たされている飲食店。特にバーやパブ、居酒屋などは、不特定多数が密集する環境になりやすいと指摘される。これを受け、弘前市内では自主的に休業する店舗が出始めた。営業を続けることに戸惑いを感じつつも、生計を立てなければいけないという葛藤を経て、苦渋の決断に踏み切ったオーナーたち。「現状の重大さを伝えるメッセージになれば」と願っている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。