北海道新幹線が26日、開業から半年を迎えた。8月末までの新函館北斗―新青森間の1日平均利用者は7700人と、在来線の前年比で1・8倍に増えている。青森県・函館デスティネーションキャンペーン(青函DC・7月1日~9月30日)の効果もあり、県内では前年を上回る利用者が訪れる観光施設も多い。関係者は「これからが勝負。一丸となってさらに観光客誘致の取り組みに力を入れたい」と話す。
 【写真説明】開業から半年を迎えた北海道新幹線。新函館北斗―新青森間の1日平均利用者は在来線の前年比で18倍となっている=25日、新青森駅

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。